FC2ブログ
2020/02/01

2020年2月1日(土)販売日報告~じわじわと…

2020年2月1日(土) 北風はやや強いけど快晴

今日はたくさんご予約いただいていて

20200131_161522.jpg
Oさん、お誕生日おめでとうございます!

20200201_102301.jpg

たーくさん作りました!

20200201_103351.jpg

20200201_104634.jpg
「ときどきパン」、低農薬いちごの酵母と有機全粒粉で作った自家製天然酵母パン。とにかくいちごの香りが素晴らしい♡

…ので、完売はしなかったけど(^^;)

「SPURで知って」と言ってくれた方もいたし、妊婦さんが4人も!来てくれて、じわじわと記事の効果を実感する。

考えてみれば今日は再来の方はいらしたけど、友人知人は一人も来なかった。やっぱりネットの力ってすごいなあ(*^_^*)。売り上げもおかげさまで上々で、良い販売日になりました♡

↑いつも売り上げのことを書いちゃうけど、お金がないとやっぱり続けられないので…糖質セイゲニストのみなさま、ゼヒゼヒ買い支えてくださいませ(^^)

「雨読」もできたし

20200201_142403.jpg

3/6(金)の調布子育て栄養を考える会の講座(詳しくは下記を↓)に備えて。宗田哲男先生の新刊『産科医が教える 赤ちゃんのための妊婦食』と、世界をめぐってお産を見つめた写真家きくちさかえさんの『世界お産 生まれやすい国ニッポンへ!』を読む(さすがに全部は読めなかったですよ)。

宗田先生のご本、もっと若いころに読みたかった!!そして、きくちさんのご本の世界のお産事情を読んで、ますます「もう一人生みたかったなー」という気持ちになり…一人でも授かったのは何よりの幸せだけれども、次の子に恵まれなかったのはやっぱりちょっぴり寂しいことでもあるなあ。

人間も動物だから、子孫を残すのは自然なこと。3/6(金)の講座では、私みたいに苦労しないで、滞りなく健やかな赤ちゃんを授かれるような、有意義な話が聞けるんじゃないかな?

私の体験は反面教師だけど、不妊治療をしたからこそ「境界型糖尿病」だってわかって、この仕事を始めることができたわけで…塞翁が馬だね。

20200201_125102.jpg

工房ランチに導入したスープジャー。今までランチはちゃんと食べてなかったけど、あったかいものを食べるとやっぱり気持ちいい。

20200201_103413.jpg

庭のパンジー、一関のHさんが贈ってくださった「はりねずみ×桑の葉」のかわいい刺繍も元気をくれて。

20200201_093512.jpg

今日から2月。光の春。



■次回販売日:2020年2月8日(土) 11時~17時

くるみチョコミニ02

2月と言えばチョコレート♡今日は完売いただいた「くるみチョコケーキ」、タルトなど各種ご用意します

お好みで詰め合わせもお作りします!(箱代100円)。詰め合わせるのに少々お時間をいただきます。お急ぎの方はご予約くださると大変助かります。



「調布子育て栄養を考える会」の第3回講座開催します!

■2020年3月6日(金)10時~11時半
「妊娠前の正しい栄養と体づくりー妊活中から食事を整え、ラクラク産後を目指そう!」


20200306チラシ

Facebookイベントページ

産婦人科医と助産師による、目からウロコの栄養講座第3弾

今回は妊娠前からの体づくり!産後のことももちろんお話します

妊活中の方も、お子さんがいる方もゼヒどうぞ
お母さんもお父さんも、ご家族みんなでお聞きください
赤ちゃん・子どもに関わるお仕事の方も大歓迎!!

■日時:2020年3月6日(金)10時~11時半
■場所:調布市東部公民館和室(京王線仙川駅下車徒歩7分)
■参加費:2000円(資料・低糖質おやつ付き)
※飲み物はご持参ください
※お子さん連れも大歓迎です(みんなで見守ります)
※講座終了後、講師を囲んでのランチ会を予定(希望者)
※お支払いは当日現金で
※キャンセルの場合、3/3までは無料、4~5は半額、当日は全額お支払いいただきます

■申し込みフォーム:https://ws.formzu.net/fgen/S86950551/

【講師紹介】
★村上麻里(産婦人科医)
新潟大学医学部卒業。産婦人科専門医。新潟大学付属病院、大学関連病院勤務を経て現在は都内の産婦人科クリニックに勤務。母乳育児支援団体「母乳110番」顧問。『おっぱいとだっこ』(竹中恭子著・PHP電子)監修。思春期から更年期、老年期まで女性の生涯にわたる健康支援を行なっている。三姉妹の母でもある。

★森崎真澄(助産師)
調布生まれ調布育ち
杏林大学医学部付属看護専門学校・神奈川県衛生看護専門学校 助産学科卒。至誠会第二病院 産婦人科病棟にて10年勤務 学生指導担当。病院勤務の中で妊娠期から出産を経て産後までの関わりを通し、その人の体と心の変化に合わせたケアや指導を学び、今後はさらにその技術を深めていきたいと思い、2016年地域で活動する助産師として開業。自宅1階に『産前産後助産院 moegi』を開院。マタニティセラピストでもある。

※しまねこやも境界型糖尿病発覚のきっかけ、妊活中の経験談をほんの少しだけお話する予定です
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント