FC2ブログ
2015/03/26

境界型糖尿病

私には2010年生まれのムスメがいるのですが、
なかなか子どもが授からずに不妊治療をしました

その際、ブドウ糖負荷試験※という、糖尿人ならおなじみの検査をして

「境界型糖尿病」

という診断を受けました

※前夜9時以後絶食→朝まで空腹のまま来院→空腹のまま採血し、血糖値を測定→ブ
ドウ糖を溶かした水を飲む→30分、1時間、2時間後に採血し血糖を測定する

境界型、何それ??ですよね。私もそうでした
それは、空腹時血糖値は正常=フツーの健康診断ではひっかからない

でも、糖分を取った後、いつまでも血液中に血糖が残っている
という状態のこと、つまり、糖尿病予備軍で、

そのために妊娠するのが難しい、ということだったのです

不妊治療の先生からは、糖尿病内科の受診とウォーキングを指示されました

その甲斐あってムスメを授かり、今に至るのですが、掛かっていた糖尿病内科は、
今のところのごくフツーの食事指導=『食品交換表』を元にしたカロリー制限し
かしてくれませんでした。

これがツライんですよねー

私は一日に1600kcalという指導だったのですが(妊娠・授乳中除く)、
とにかく空腹感に悩まされてかなり適当にしていましたし、
年に一度の検診も、担当医が退職したこともあって、2014年はさぼっていたり…

でも、いつか本当の糖尿病へ移行するのでは、というおびえも抱えていました

それが!

夏井先生の『炭水化物が人類を滅ぼす』を読んで、

 血糖を上げないためには糖質を取らなければよい

ということ

 カロリーはどれだけ取ってもよい

ということを知ったのでした(どれだけといっても自ずと限度がありますが)

 人類はずっと炭水化物を食べていたのではない

まさに目からウロコでした

そして、糖質制限の第一人者である江部康二先生のご著書やブログを読み

自分も糖質制限しよう!と決意したのでした

江部先生のブログ
ドクター江部の糖尿病徒然日記
http://koujiebe.blog95.fc2.com/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント