FC2ブログ
2017/01/12

『「体を温める」とすべての痛みが消える』

ある日、「坂井学」という方から
Facebookの友だちリクエストがありました

「私の投稿に、いいねをありがとうございます」
メッセージにはこう記されていて…そうか!

糖質制限関係で知り合った医師の方が
「いいね!」をしていた投稿を拝見して
なるほどと思った私も「いいね!」したことに対して
わざわざリクエストをくださったのでした

その投稿は
「インフルエンザと「未病を治す」あれこれ」
について書かれたもので

多くの方は、まだ「未病を治す」を実行していません。
冷たいもの飲みホーダイ、
口は開けっぱなし、
そこに骨休め不足が加わって、細胞はフラフラです。
自分の体を維持するのが精一杯のところに、ウイルスは身近にいますから、ひとたまりもありません。


と書かれていたのに
なんとなく(←スミマセン…)共感しての「いいね!」でした

こんなふうにご縁をいただいたからには
ゼヒご著書も拝見せねば!と思って
下記を拝読しました

坂井学著
『「体を温める」とすべての痛みが消える―腰痛、ひざ痛、股関節痛、間欠性跛
行が治った!』
マキノ出版 2011  (ビタミン文庫)

体を温めるとすべての痛みが消える

坂井学先生は和歌山の整形外科医
若い頃は手術手術で治療していたけれど

・手術しても痛みが取れない
・「かたち」はよくないのに(背骨が曲がっているとか)「はたらき」は悪くなく(痛みが
なく)元気な方がいる
・逆に「かたち」に異常はないのに痛みを訴える方もいる

ということに疑問を持ち市立病院を退職
漢方やAKA博田法を学ぶことで
治療の姿勢を一変

「温める」
「鼻呼吸」
「骨休め」
などなど

によって痛みを取り
自然治癒力の向上ができると書かれています

特に痛みがなくても「副腎」を温めると
体調全般が改善するとあったので
私も実行

背中の腰の位置
背骨を挟んだ両側に小さいカイロを貼ると…
わー、あったかくて気持ち良い!

今は冬だから特に気持ちが良いけれど
夏にもすると良いそうです

「40度以下のものは口にしない」とも書かれています
細胞のミトコンドリアは37度で最も適正に活動するので
口にするもので
体を冷やしてはいけない
水は白湯で
野菜や果物も温めて召し上がるとのこと

焼きバナナとか、今はめったに食べないけど
確かに甘~くなるから
少量でも満足できる=糖質制限的にもいいかも…

もともと私も冷たい飲み物はニガテで
夏にも滅多に飲まないけれど
アイスクリームは食べてしまっていたことを
ちょっと反省

アイスはムスメは特に大好きだし
我が家のアイスはもちろん低糖質ですが)
冷たいお水をガブガブ飲んでしまうこともあります
気を付けなくちゃ💦

運動選手も口呼吸とアイシングがよくなくて
意外にも低体温の人が多いそうです
目からウロコ

「どのように病院を利用するか、どのように治療するかは、あなたの意志に任されています」

私も前にも書いたことがあるけど
食べ方にせよ治療法にせよ
何がカラダによいのかはいろいろな説があり
何を実行するかは
すべてその人に委ねられています

私自身は
カイロを貼るのはとても簡単で気持ちが良いので
これからも続けてみたいです(^_^)
電脳空間につながった
ご縁の糸に感謝☆


201701122202388a9.jpg

調布はこのところ零下の日も多いけど
もうスミレが!

20170112220243b3f.jpg

しまねこや工房予定地のスイセンも…(^w^)


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント