FC2ブログ
2016/12/22

近藤正二さんのご本

11/20静岡の糖質制限ジョイント講演会
夏井睦先生が言及されていたので読んでみました

近藤正二さん(1893-1977)は東北大学の先生
戦前から、食生活と寿命の関係を知るために
実際に全国各地の990もの村々を訪れて
聞き取り調査して来た方

まずはこれ

2016122022104456b.jpg

『長寿村ニッポン紀行 食生活の秘密を探る』
近藤正二著
(栄大ブックス)
女子栄養大学出版部, 1972.6

次は夏井先生ご紹介のこれ

20161220221046ccf.jpg

『日本の長寿村・短命村 : 緑黄野菜・海藻・大豆の食習慣が決める』
近藤正二著
サンロード, 1991.4 新版

実は内容はほぼ一緒

なので、どちらでも
お近くの図書館などにあれば
ぜひ読んでみてください
(私も図書館にお世話になりました☆)

頭の中で考えた理論ではなく
実際に各地を訪れて得た調査結果を元に展開する
とても読みやすいものでした

・白米を大食する地域は短命
・野菜や海藻を食べ、大豆も食べている地域は長寿


というのが近藤さんの結論です

近藤さんはタンパク質を採ると
学童の身長が伸びるという調査結果を得て
戦後進駐してきたGHQの将校に
給食で提供するなら
パンではなく脱脂粉乳を
と助言して実現したのだとか

それってスゴい☆
戦後日本人の栄養状態を改善した
恩人と言ってもいいかも
知らなかったです

・ハワイの日系二世三世のように肉ばかり食べていると短命

ともあり
お肉でタンパク質・脂質を十分取りつつも
野菜や海藻のミネラルも必要ってことなのかな?
(肉を食べるだけじゃなくて
猛烈に甘いスイーツも食べてたのでは…?!) 

最近の我が家では
(いわゆる)主食なしの
スーパー糖質制限食に近いものを食べていますが

20161221174435bb0.jpg

ある日の夕食
クラウドブレッド
(卵とクリームチーズでできたフワフワパン)
サラダ、茹で豚ハム、スープ

何をどれだけ食べるかは
自分のカラダと相談しつつ
学びつつ
決めて行きたいです(^_^)

近藤さんのご本の興味深いところは
夏井先生もおっしゃっていたけれど
スーパーマーケットなどの
食品流通網の整備以前の話なので
地域によりとても個性的な文化が
まだ残っていたときのご調査だということ

平家部落が近隣の村と全く異なる食文化だったり
志摩の海女さんたちが
子育ては男に任せて一家の収入を支えていたり

…面白かったです☆
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント