FC2ブログ
2016/12/01

空への旅立ち

ブログをしばらく更新していなかったのに
来訪者の数は着実に増えて…
訪れてくださった方々
お礼のことばもありません
本当にありがとうございました

20161202071001c8c.jpg

11/28(月)夜に
実家の父が急に亡くなりました
12/13に満80歳になるところでした

夕方までぴんぴんしていたそうですから
大往生であったと思います

でも、12/11に
毎年、父、兄、姉、私の家族で集まっていた
母を偲ぶ会の予定をしていたので
…こたえました

こういうことをブログに書くのは…とも思うけれど
これは私の日々の記録でもあるので
書いておきますね

父は
私がしまねこやをすることにも賛成でした
やりたいことをやりなさい、と
背中を押してくれました

実のところ
すごく親しい親子関係ではなかったけれど
母が2005年に逝き
また父が逝き…
根っこがなくなってしまったような気持ちです

それはきっと
これからますます深く感じていくことでしょう

でも
幸いなことに私には兄、姉がいて
父を送るために集まり
いろんな話もできました

誰かが亡くなることで
その人の結んでくれた縁がまた新たになる…
お葬式に参列するたびに感じることを
今また感じています

兄、姉、夫、ムスメ
親戚たち
実家の近所の方々
そして無宗教式ながらも
導師となってくれる方丈さんは
兄と私の中学の恩師で
母も送ってくれた方

先生は御年70歳ながら
あまりにもお元気で(^_^;)
頼もしくて
急な事態に動揺していた私たちは
とてもとても救われました

現職場の人たちや
ほんの少しお話した私の友人たちにも
温かいことばをいただいて
呆然としそうな日々を支えてもらっています

ありがとうございます

徳島県鳴門出身の父
親戚も関西に多くいて
もろもろの都合をあわせ
父を送るのは12/4(日)になりました
そのあとは
岩手・一関の
母の眠る樹木葬の里山に行きます

厳冬の一関だから
もしかしたら春になるのかもしれないね
しばらく一緒に東京にいて
芽吹きを準備する木の力になるのかな

訃報を聞いて
小さなムスメは泣いてしまったけど
命が巡っていくことを
覚えてほしい
おばあちゃんが木になり空になったように
おじいちゃんもまた
空へ旅立って行くんだよ
すべての命がそうであるように

20161202071004d16.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます