fc2ブログ
2028/10/08

「糖質制限を続けるために」目次

「糖質制限」に興味を持った方・始めたばかりの方・挫折してしまった方へのご参考に
しまねこやの日々の生活から、「続ける」ヒントを書いていきます


境界型糖尿病と「耐糖能」~糖質制限を続けるために(16)
低糖質のお菓子作りのコツ~糖質制限を続けるために(15)
「ごほうびスイーツ」とのつきあい方~糖質制限を続けるために(14)
不妊治療と糖質制限~糖質制限を続けるために(13)
いただきものをどうする!?~糖質制限を続けるために(12)
秋のおいしいものたちとの付き合い方~糖質制限を続けるために(11)
夏のおやつ~糖質制限を続けるために (10)
子どもとおやつ~糖質制限を続けるために(9)
はははのはなし~糖質制限を続けるために(8)
果物はおいしいけど~糖質制限を続けるために(7)
本来食べるべきものを食べる~糖質制限を続けるために(6) ねこのしろちゃんダイエット記録
糖質制限を知る情報源~糖質制限を続けるために(5)
花粉症の季節にも~糖質制限を続けるために(4)
甘味料は何がいいの?~糖質制限を続けるために(3)
糖質は嗜好品と心得るべし~糖質制限を続けるために(2)
おもちと上手につきあう~糖質制限を続けるために(1)


★「糖質制限を続けるために」、困っていることなどありましたら、こちらのフォームから教えてください(匿名可)。ご質問を寄せてくださった方には、通販・来店で使える「5%オフ」になる「合言葉」をお教えします。

スポンサーサイト



2023/11/07

境界型糖尿病と「耐糖能」~糖質制限を続けるために(16)

「糖質制限」に興味を持った方・始めたばかりの方・挫折してしまった方へのご参考に
しまねこやの日々の生活から、「続ける」ヒントを書いていきます

★「糖質制限を続けるために」目次


またまた久しぶりの記事ですが…細く長く(しつこく)続けます!

20231106_171709.jpg

2023年11月5日の日本糖質制限医療推進協会・東京講演会に参加されたNさんからご質問をいただきました♡

私は51歳女性で糖尿病予備軍です。

お、同世代・同病ですね(^^;)

HbA1cが10年くらい前から5.3~5.5ですが、糖尿病家系であることから数ヶ月前にブドウ糖負荷試験をうけました。その結果、60分後血糖値が200を越えたため、耐糖能異常であり、インスリンの分泌遅延があることから、糖尿病への移行確率が高いと言われました。

これも私とほぼ一緒。私自身も父が糖尿病で、空腹時血糖値は正常だけど、不妊治療をきっかけにブドウ糖負荷試験を受けて、「境界型糖尿病」と診断されました。
※境界型糖尿病:75g経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)2 時間値が140-199mg/dlとなる耐糖能異常、または、空腹時血糖値が 110-125mg/dlとなる空腹時血糖異常、および両者の合併の3つのパターンがある。

そこで糖質制限を独自に行っていましたが、現在の糖尿病内科の先生は糖質40%を推奨しています。理由は、まだ食後の血糖値がそこまで上がっていない(野菜、たんぱく質たっぷりの後、ご飯100グラム→食後のウォーキングで、血糖値150くらいでおさまることが多いです。)のと、耐糖能を維持するためだそうです。糖質を取らなすぎると、インスリンがますます出なくなるとのこと。遠藤さんは境界型とのことですが、長年糖質をとらなくても耐糖能は悪化しないものでしょうか?逆にインスリンの分泌が良くなったりするものでしょうか?

気になるワードが出てきました!

「糖質を取らなすぎると、インスリンがますます出なくなる」

これは本当でしょうか?

Nさんも講演を聞かれた清水泰行先生は、まさにこの疑問に答えてくれるブログを書かれています。

●ドクターシミズのひとりごと「糖質制限で耐糖能悪化?」

途中、医学論文の引用部分の記述はちょっと難しいかもしれませんが

耐糖能は糖質摂取が前提の考え方です。人類は進化の過程で糖質をほとんど摂っていなかったので、大量のブドウ糖に耐える必要がありませんでした。ブドウ糖と脂肪酸(ケトン体)とのエネルギー源の変換の代謝の柔軟性が必要になったのは人間が糖質を摂るようになってからでしょう。糖質制限をしていれば多少の代謝の柔軟性は低下する可能性がありますが、それが耐糖能の悪化を示すとは言えません。

ということは理解していただけるのではないでしょうか。

糖質摂取を前提としてしまうと「耐糖能」(血液中のブドウ糖濃度である血糖値が高くなったときに、それを正常値まで下げる能力)がとても大切になりますが、そもそも人類のカラダは多量に糖質を摂ることを前提とはしていないのです。

「耐糖能」については江部康二先生もブログで書かれています。

●ドクター江部の糖尿病徒然日記「『糖質制限食と耐糖能』について」

「正常人」「糖尿人」「境界人」に分けてわかりやすく書かれていて、「境界人」では新潟労災病院消化器内科部長前川智先生の論文を引用し

糖質制限食実践により、境界型糖尿病の耐糖能が69%も正常化

だそうですよ(^^)。糖質制限していても冠婚葬祭や旅行先など、たんぱく質脂質が摂りにくく糖質を摂らなければならない場面もあるので、これは嬉しいですね。

遠藤さんは、普段どのくらいの糖質量に抑えているのか教えた頂けたらとても参考になります。

私は「スーパー糖質制限」(3食とも制限し、1食当たり糖質20g以下)を実践しています。

20230924_204124.jpg

もちろん、時にはチートデイもあります。たまには糖質たっぷりのケーキなども食べたいですよね(※本格的な糖尿病の方はやめましょう!)。と言いつつ、フルサイズで食べると頭が痛くなったり気持ちが悪くなったりするので、量は控えめにして残りはお持ち帰り、のパターンが多いです。

おいしいものを少しだけ(しまねこやのモットー)

で、おいしく楽しく糖質制限ライフを送りましょう!

都内で糖質制限を推奨している糖尿病内科がありましたら、教えて頂けないでしょうか。これ以上糖質制限したら、いまの先生には通えなくなりそうで。。

とても残念なのですが、糖質制限に理解があり患者さんにも指導している糖尿病専門医はほとんどいないと思います(日本糖尿病学会のガイドラインがいまだに「カロリー制限」一択なので、「専門」のドクターほどそれを遵守するでしょう)(日本における糖尿病治療の歴史は江部康二先生のこちらのブログにまとめられています「糖質制限食の発展と普及。糖尿病食事療法の歴史的変遷。2023年。」)。

でも!

★日本糖質制限医療推進協会のホームページには、全国の提携医療機関のリストがあります!!(こちら)

※ここに載っていなくても、協会の賛助会員で糖質制限の指導ができるドクターはほかにもいるので、お困りでしたらしまねこやにお問い合わせくださいこちらから

20231014_200657.jpg
※ある日の夕食。豆干絲を使った担々麵風(豆干絲の糖質量1.3g/100g)

私が糖質制限を始めたのは2015年で、もうすぐ丸9年になります。「境界型糖尿病」であるのも変わっていません。でも、食事を整えるだけで、服薬などはまったくしないで健康を維持しています。
しまねこやの2023年の血液検査の結果はこちらをご覧ください

「境界型糖尿病」とは、「そもそも人類には必要ない糖質を、処理するのがニガテな体質」ととらえたらどうでしょう(それを無視して糖質を摂り続けると本格的な糖尿病になる)

「糖質オフ」「糖質0」をうたう商品も多くなったし、Nさんの主治医のように部分的には糖質制限を取り入れるドクターも出てきたようだけれど、一番のよりどころである「ガイドライン」が変わらない限り、なかなかドクターには期待できないです。

でも、江部先生、清水先生などの糖質制限派の先生方は、ブログを通じて知識を惜しみなく一般公開してくださっています(もちろん書籍も出されています。「糖質制限を知る情報源」もご参照ください)。ブログのコメント欄から疑問にも答えてくれますよ!

自分のカラダを一番知っているのは自分自身
自分の頭で考えて
ご自身が納得できる食生活・医療を選びましょう


20231104_170100.jpg

糖質制限実践者として
糖質制限の良さを発信し
時々は甘いおやつも食べたい
おうちでも作ってみたい
というご要望にお応えするために
しまねこやは活動してます

20231107_135101.jpg

江部先生の講演会でクッキー頂きました!久しぶりのクッキーで涙でるくらい美味しかったです!

Nさん、ありがとうございます!そう言っていただけて、とってもとっても嬉しいです

20231027_182718.jpg

●低糖質おやつのご注文いつでもお待ちしてます♪(こちらから
●低糖質おやつの作り方をお教えするワークショップも開催できます♪(こちらから


★「糖質制限を続けるために」、困っていることなどありましたら、こちらのフォームから教えてください(匿名可)。ご質問を寄せてくださった方には、通販・来店で使える「5%オフ」になる「合言葉」をお教えします。
★「糖質制限を続けるために」目次
2023/05/04

低糖質のお菓子作りのコツ~糖質制限を続けるために(15)

「糖質制限」に興味を持った方・始めたばかりの方・挫折してしまった方へのご参考に
しまねこやの日々の生活から、「続ける」ヒントを書いていきます

★「糖質制限を続けるために」目次


なんと更新が一年以上ぶりになってしまいました…💦

大阪府のTさんからこんなご質問をいただきました(3月に…なかなか記事にできずごめんなさい💦)

食事は妻が作り息子達と食べるため、食事の糖質制限は難しい為ファスティングが中心ですが、シュガーレスで小麦粉フリーなものが自作できないものかと最近焼き菓子作りを始めました。小麦粉ではなく大豆粉、砂糖ではなくエリスリトールを使ってみていますが、食感もまだまだですが、一番の悩みがエリスリトールのエグ味というか痺れというか、なんとも言えない味の部分です。10%ほど蜂蜜を足してみましたが多少改善したかなあという程度です。色々とネットで検索してみても主成分エリスリトールの製品以外は見つからず悩んでいます。

「一番の悩みがエリスリトールのエグ味というか痺れというか、なんとも言えない味の部分です」とのこと。

20210210_174547.jpg

しまねこやのお菓子もエリスリトールが主成分の「ラカントホワイト」「ラカンカの甘み」を使っているので、Tさんの味覚が敏感で、ことにエリスリトールの欠点を感じてしまうのかも…と思いつつ(「甘味料」についても記事を書いています)、注文してくれた「仙川はちみつマドレーヌ」試供品のミニクッキーをお送りしたら

マドレーヌは

はちみつマドレーヌ3兄弟焼き立て

エリスリトールの痺れは全く無く、優しい甘さでとっても美味しいです

クッキーは

くまはりねずみクッキー02

サンプルで同梱していただいたクッキーも美味でした

との嬉しいご感想。よかった!

…では、同じ材料でも何で成功しているのか?というと…


<お菓子作りにも経験が必要>

糖質の塊である「砂糖」「小麦粉」はやっぱり「おいしく」感じるもので、この二大巨頭を使えば、お菓子をおいしくするのは正直とっても簡単。

DSC_3410-2.jpg

とはいえ、それは私自身が子どもの頃からお菓子作りを趣味としていて、40年以上の!数えきれないくらい経験があってのことかもしれない(もちろん失敗経験も)(お菓子屋になることを決めたあとは、ちゃんと製菓学校にも通ったし💨)

お菓子作りは誰でも、おうちでもできることではあるけど、混ぜ方や焼き方には微妙なコツがあったりもする

しまねこやおやつも基本的には「普通の洋菓子のアレンジ」なので、もしもあまりお菓子作りの経験がなければ、「低糖質の」ではなく、まずは普通のお菓子作りの教室に行ってみるのも手だと思います。

そして、今は便利な時代で、私も賛助会員になっている「日本糖質制限医療推進協会」でも「低糖質スイーツ作り」の動画をYouTubeで発信しています!

日本糖質制限医療推進協会YouTube

https://www.youtube.com/@user-ux8dt1hq7g/videos

『おいしく作れる低糖質スイーツ』の著者でもある小寺幹成シェフが講師で、とってもわかりやすいのでおススメします。同じチャンネルの江部先生の「糖質オフ健康トーク」もぜひ(^^)


<配合・材料も大切>

しまねこやも何度も試作を重ねて配合や材料を工夫した結果、今の味が出せています。

エリスリトールの欠点(砂糖とは異なる独特の「甘み」、ひんやりした口当たり、えぐみ、再結晶したジャリジャリ感…)をできる限り隠すために

★量はできる限り少なく
「ラカントホワイト」「ラカンカの甘み」は「砂糖」と1対1で置き換えられるものではあるけど、一般的なお菓子のレシピの「砂糖」をそのまま置き換えてしまうだけではあまり「おいしい」とは感じず、欠点が際立ってしまう。糖質制限をしていると甘みに敏感になることもあり、しまねこやではなるべく控え目に使っています。

★ほかの材料はおいしいものを使う
発酵バターやアーモンド粉、海塩など、旨みがたくさんある材料を使って、甘みが少なくても味が貧弱にならないようにしています。

★はちみつ、メープルシロップ、フルーツなども補助的に使う
「甘味料は何がいいの?~糖質制限を続けるために(3)」「果物はおいしいけど~糖質制限を続けるために(7)」にも書いたけれど、糖質量が多い食材も「量に気を付ければ」使えるので、しっかり計って使っています。

20220827_173919.jpg

Tさんがお近くなら、しまねこやの「ワークショップ」に参加してもらって、どんなレシピでどうやって作っているのかを実際に見て・体験していただくのが一番早いんだけど、しまねこや以外でも、全国でがんばって低糖質のスイーツを作ったり・教室をしたり、という方はいるので、そういうところに行ってみるのもオススメ。もちろん低糖質スイーツのレシピもたくさん出ているけど、「百聞は一見に如かず」は本当なので!

※上記に紹介した「日本糖質制限医療推進協会」も6/13(火)に京都で「フィナンシェとババロア」のリアル講座を開催予定!

※しまねこやも下記のワークショップを予定!


【ワークショップの予定】
◆「糖質制限おしゃべりお茶会(軽食付き)」
春のカップケーキ
(1) 2023年4月22日(土) 10:00-12:00 都合により開催中止
(2) 2023年5月10日(水) 10:00-12:00 満席キャンセル待ち
(3) 2023年5月27日(土) 10:00-12:00
※詳細・お申し込みはこちらから
◆チーズムースワークショップ
チーズムース(いちじく)02
(1) 2023年6月9日(金) 10:00-12:00 
(2) 2023年6月10日(土) 10:00-12:00
※詳細・お申し込みはこちらから
★ワークショップの開催リクエストはこちらのフォームから★
はりねずみクッキー&いちじくとこけももクッキー

最初はいろいろうまくいかなくても、おいしくできると嬉しいし(しまねこやもクッキーのレシピ開発はかなり苦労した…)、その試行錯誤がまた楽しい!と思ってもらえますように…♡


【最近の低糖質弁当】

20230425_104039.jpg

※チーズ、ねぎ、すりおろしニンジンの炒り卵、オートミールの海苔巻き(カニカマ、枝豆、梅酢)、トマト、ゆでキャベツ、トーカンスーの和え物(ザーサイ、香菜、MCTオイル)、黄金柑

こちらにも書いたけど、ムスメ中学校は、給食を作っている小学校の都合で、月に一度程度お弁当の日がある。

ムスメは健康で、運動(=バレエを週3でレッスン)している若人なので「糖質控えめ」程度(ちゃんと計算してないけど、糖質量40gくらいかな)。「オートミールの海苔巻き」の代わりにお肉かお魚のおかずを入れたら糖質量20g以内になるので、ご参考に(^^)

当たり前だけど、盛り付けの美しさ、彩りも大切!

低糖質でもおいしいお食事を楽しんでください♪


★「糖質制限を続けるために」、困っていることなどありましたら、こちらのフォームから教えてください(匿名可)。ご質問を寄せてくださった方には、通販・来店で使える「5%オフ」になる「合言葉」をお教えします。
★「糖質制限を続けるために」目次
2022/04/04

「ごほうびスイーツ」とのつきあい方~糖質制限を続けるために(14)

「糖質制限」に興味を持った方・始めたばかりの方・挫折してしまった方へのご参考に
しまねこやの日々の生活から、「続ける」ヒントを書いていきます


以前にもご質問いただいた元職場の先輩・Nさんから、今回はこんなご質問をいただきました。

図書館で「糖尿病」関係の本をあれこれ手にとって、スイーツについてそれぞれの記述が異なることで生じた疑問のようです。


<最初のメール>
地元の図書館で何冊か糖質制限本をまとめて立ち読みしたら、正反対のコメントがあって迷子になりそうです。一番気になったのは食前食後問題です。A本には「食後の一口デザートはもってのほか!甘いもの一口も食前ならまあよい」B本は真逆で「ちょこっとデザートなら許容範囲 けど食前に甘いものを一口入れるなんてとんでもない!」 自分は夕食を作るときにちょっと一口補給したくなることが多く(すでに空腹状態で作るから)、食後に一片の美味チョコをいただくのは至福と思っているのですが、どっちが糖質制限的に罪深いことなのでしょうか?食前・食後の糖質のどちらかを切るなら前か後か。。。それが今のワタシの疑問です。

<具体的にどの本に何と書いてあったのか教えてくださいとお願いした後のメール>
混乱してた私は、A本B本の2択矛盾という勝手なまとめ方をしていたことが判明。実はもっとたくさんの本がそれぞればらばらにおやつ観を語っていたので、すっかり迷子になってしまった、というのが実情でした。ようするに私は、大好きなチョコレートをちょこっと食べるといった楽しみを手放したくないんだけど、それならどういうふうにチョコと付き合うのが一番安全安心なのか?ということが知りたい、ということになります。

なるほど!

そして読まれた本のタイトルや引用を添えてくださったので(さすが図書館員!)

私もそれらの本を読んでみました(※Nさんは4冊紹介してくれたけど1冊は入手できず3冊)

私のお答えを端的に言えば

食事の前でも後でも
チョコ(またはスイーツ)を食べるなら
「量」に気を付けるのがそもそも大事!


です。

そのチョコレートにはどれくらい糖質が含まれているのかをまず知りましょう。

カレドショコラ

例えば、森永製菓さんの「カレ・ド・ショコラ<カカオ70>」は、1枚当たりの糖質量が1.8g。

きちんと糖質制限をする場合、1食当たりの糖質量目安は「20g」です


※なぜ「20g」かというと、糖尿病の人は糖質1gにつき血糖値が3mg/dl上がるので(個人差あり)、空腹時血糖が100mg/dlだとすると、20gの糖質摂取=60mg/dl上がる=160mg/dlになり、それがインスリンにより分解されてまた100mg/dlに戻る、という経過をたどります。血糖の変動幅が大きいと血管を傷つけてしまうので、これぐらいの変化なら許容範囲、ということだと理解してます。糖質を取ると糖を代謝することが優先されるので、本来のメインエンジンである脂質代謝になりません。場合によってはもっと厳重な「ケトン食」が有効なことも

※糖質制限の進め方については、こちらのPocorinの記事にもわかりやすくまとめられています!

食事に「ごはん」1膳を入れたら、もうそれだけで「55g」になっちゃって成り立たないけど、主食を避けてお肉やお魚、卵メインの食事にすれば、一番必要なタンパク質脂質も摂れるし、「お楽しみ」のための余裕もあるはず。

20220404_154001.jpg

例えば『食品別糖質量ハンドブック』にレシピが紹介されている「豚肉の麻婆なす定食」は、こんなにおいしそうでボリュームたっぷりだけと、糖質量はわずか「13.2g」!

食前か食後かは、できれば食後の方がいいかなあ。

なぜなら、空腹状態で食べると、食べ過ぎちゃう危険性がある。

でも、「糖質量1.8gのチョコを1枚」でセーブできるなら、お腹を落ち着けてからゆっくり糖質制限の献立で食事を用意しても良いと思います。

私はそういう場合はチョコではなく、ナチュラルチーズを小さく切ってタッパーに入れて冷蔵庫に常備しているので、それをよく噛んで食べます(^^)

Nさんからの以前の質問のブログ記事にも書いたけれど、砂糖には中毒性があります。

ちゃんと糖質制限をすれば甘いものを食べたい!!と強烈に思うこともなくなるので

低糖質の甘味料を利用するなどで、少しずつ甘いもの中毒から脱していただけたら


と思います!

20211005_142140-01.jpeg

しまねこやおやつもぜひご活用くださいね 通販ページはこちら

Nさんも「一片の美味チョコ」と書いてくださっているので、きっとできていると思うけど

糖尿病でなければ、必ずしもきっちりと糖質制限しなくても良いけれど、「このくらいなら…」と食べることがクセになって、実はかなり食べている!ということにもなりかねません。

自分が普段からどういう食べ物をどれだけ食べているのか、それらにはどういう栄養素が含まれているのか

ちょっと面倒だけど、そこを意識してもらったらだいぶ変わるんじゃないかな。

※なので、私はワークショップなどでも『食品別糖質量ハンドブック』おススメしてます!

とは言え、「制限」がストレスになってもよくない。

あまりガチガチに考えず、昨日はちょっとゆるんじゃったから今日はきちんとしよう、とか、トータルで見ればできている、というのでいいと思います。主食を食べないだけでもずいぶん違うはず(もちろんその分はおかずで補ってエネルギー不足にならないようにして!)

それもこれも、それぞれの方の健康状態にもよるから(すでに糖尿病の方はきっちり糖質制限しましょう!)、気になるようなら自己血糖測定器とか使って、何をどれくらい食べたらどれくらい血糖値が上がるかを知っておくのもいいかもです。

いつも言うことだけど

おいしいものを少しだけ

を原則に、「ごほうびスイーツ」も罪悪感なく心から楽しみましょう~

仙川はちみつのチーズケーキ01

以下、余談(?)



私はおススメしたい本は、具体的に書名や著者名を上げて全力でおススメしていますが(「糖質制限を知る情報源~糖質制限を続けるために(5)」ご覧ください)、「えー、これはどうかな~??」と思う本について、具体的に「あげつらう」のもあんまり気持ちよくないかなと思うので、Nさんが読んで私も読んだ本を仮にA本、B本、C本とします。

A本:著者は循環器が専門のドクター
B本:著者はK大学医学部附属病院院長
C本:著者はT大学医学部附属病院

そうなんです、3冊とも私からすると「えー、これはどうかな~??」で、具体的にそれぞれのスタンスをまとめると下記になります。

<A本>
糖質制限は有効だがやりすぎはNG。「いくら糖質の量に気をつけても、食事全体で必要以上のカロリーを摂っていたら、血糖値は下がりません」だそうです。
※「肥満は解消できません」ならわかるけど、血糖値とカロリーは無関係
※「カロリー」問題については夏井睦先生の『炭水化物が人類を滅ぼす』の「VI 浮かび上がる「食物のカロリー数」をめぐる諸問題」をぜひ読んでみてください。切れ味鋭く明快に解説してくださってます(電子版はKindle Unlimitedで「無料」で読めます!!)。

<B本>
私がかつて苦しめられて恨み骨髄の(笑)『食品交換表』を全面的に活用。
※『食品交換表』については江部康二先生のブログ記事をご参照ください

<C本>
ところどころ糖質を制限すると血糖値が下がるという記載もあるけど、全体としては「一汁三菜」を推奨したり脂質を悪玉扱いしている。
※脂質については清水泰行先生のブログ記事をご参照ください

…という感じで、ドクターが書いていても大学附属病院が書いていても、間違っていることは間違ってるんだよね。

見極める目、「自分の頭で考えること」が、やっぱり必要(^^)



<ムスメよみうりランド遠足弁当>

20220404_171016.jpg

糖質量多めなので、糖尿病の大人はマネしないでください(^^;)
※と言っても学校給食に比べたら糖質量半分以下

( )は糖質量
■海苔に包んだ玄米&もち麦ごはんは50g(18g)で、鮭フレークとMCTオイル、えごまパウダーで増量&エネルギーチャージ。
■自家製ザワークラウト(1g)、ミディトマト半分(2g)
■メンチカツ(市販品)(14g)
■しらす、ほうれん草入り卵焼き(ほぼ0g)
■オレンジ1/8個(2g)

あいにくの大雨だったけど、ムスメは「超満足!!」と完食でした♪


★「糖質制限を続けるために」、困っていることなどありましたら、こちらのフォームから教えてください(匿名可)。ご質問を寄せてくださった方には、通販・来店で使える「5%オフ」になる「合言葉」をお教えします。
2022/03/01

不妊治療と糖質制限~糖質制限を続けるために(13)

「糖質制限」に興味を持った方・始めたばかりの方・挫折してしまった方へのご参考に
しまねこやの日々の生活から、「続ける」ヒントを書いていきます


しまねこやは、2009年に不妊治療の検査で「境界型糖尿病」だとわかり、「体外受精」を経て2010年に40歳でムスメを授かりました。

そして、2015年から糖質制限を始めて現在に至っています。

妊娠・出産時は糖質セイゲニストではなかったのですが、治療の経験や糖質制限の学びを通じて知った

あたらしいいのちを生むために必要なこと

を、まとめてみたいと思います。

(私が不妊治療をしていたのは10年以上前なわけだけど、人間としての基本は変わっていないので、今、不妊に悩んでいたり、妊娠中の方にも、参考になれば嬉しいです!)


<人間も動物である>

どんな動物も生殖できる時期は限られています。

医学が進歩して、自然には難しくても妊娠・出産できるようにはなりましたが、やはり「ふさわしい時期に」最も授かりやすいです。

40歳という高齢での挑戦で「私は」功を奏したけれど、おススメはできないです。

「子どもが欲しいな」と思ったら早めにトライして、もしもなかなか授からなければ原因を特定して、対策すべきでしょう。

「日本生殖医学会」のサイトには「出産数は30歳から徐々に減少し、35歳を過ぎるとその傾向は顕著になり、40歳を過ぎると急速に減少します」とあります。

妊娠率
日本生殖医学会ウェブサイトから引用


<自分に余裕がないとあたらしいいのちを生むことはできない>

これが、不妊治療でお世話になったJ先生に言われて、一番、印象に残ったことばです。そして、「仕事と子どもとどちらが大切なのか」とも。

厳しいように聞こえるかもしれないですが、それほどいのちを生むことは大仕事だということです。


<まずは夫婦で健康的な生活を送る>

夜勤や長時間労働はホルモンバランスの乱れの元。

「夫婦一緒に明るい朝の光を浴びて45分以上ウォーキングする」(夜は×)

という指示が、私にはとても効いたと思います(境界型糖尿病に関しては、本当は「糖質制限」が最強のはずだけど、この時は知らずに言われるがままに「カロリー制限」の食生活をしてました…)

後で知った精神科医の樺沢紫苑先生「睡眠、運動、朝散歩」が心身を整える最強の方法だと言っていて、とってもとっても腑に落ちました。

この点も「人間は動物である」に通じます。

朝の光を浴びることで、体内時計もリセットされホルモンバランスが整います。

20220214_153753.jpg
いえねこのしろちゃんもおひさまが必要

もちろん、お仕事上、どうしても夜に活動せざるを得ない人もいて、そういう方でもお子さんを授かっているわけですが、自然に授からなくて困っている方は、自分がどういう生活を送っているか、見直すことが必要でしょう。

「夫婦で」っていうのも大切(^^)

早起きして通勤途上、一緒にたくさん歩いた日々は、夫との良き思い出です。

2017031221590147c.jpg

2017年3月にこんな記事も書いてました


<糖質制限しよう!>

カラダにいろいろな悪影響がある「糖質」を制限して
カラダに必要な「たんぱく質」「脂質」を十分に摂る


どんなステージにある人にとっても、大切な食習慣だけど、妊娠を望んでいる人にはことに大切!

何度も紹介してるけど宗田哲男先生の『産科医が教える 赤ちゃんのための妊婦食』をぜひ読んでみてください。

20220226_115541.jpg
目次より

清水泰行先生の『「糖質過剰」症候群 あらゆる病に共通する原因』には、糖質過剰によって起きるコワいことがたくさん書いてありますが、「不妊」もやはり「糖質過剰症候群」なのです(もちろん、別の原因がある場合もありますが)。

20220226_115115.jpg
目次より

ありがたいことに、最近もまた妊婦さんや小さなお子さんを連れたお母さんが来店くださってます。

しまねこやに関心を持ってくれたのは、きっと妊娠出産を機に自分の健康への意識が高まり、低糖質おやつが「体に良い」と思われたからなのだと思います。

不妊治療中の方もいらしてくださっているかもしれません。

かわいくておいしくてカラダに優しい
しまねこやおやつを食べて
ホッとしてもらいたい
幸せな気持ちになってもらいたい


おやつのおいしさはもちろんのこと、こうして情報発信することで、少しでもお役に立てますように…

バラのカップケーキ葉っぱ


★「糖質制限を続けるために」、困っていることなどありましたら、こちらのフォームから教えてください(匿名可)。ご質問を寄せてくださった方には、通販・来店で使える「5%オフ」になる「合言葉」をお教えします。